人事労務ニュース
人事労務ニュース

文書作成日:2017/05/23

平成29年度に創設された人事評価改善等助成金

 助成金制度は年度単位で予算が立てられているものが多く、今年度も様々な助成金制度の創設・改廃が行われています。そこで、今回は、新規に創設された人事評価改善等助成金をとり上げましょう。

1.人事評価改善等助成金とは
 人材確保が難しい中、在籍している人材の定着や生産性向上が不可欠になっています。この課題への取組みを促進するため、今回、人事評価改善等助成金が設けられ、人事評価制度と賃金制度を整備することにより、生産性向上や賃金アップ、離職率の低下を図る事業主に対し助成金が支給されることになりました。

2.主な支給要件
 この助成金は、制度を整備したことに対する助成と目標を達成したことに対する助成に分かれており、助成金が支給されるためには、以下の措置を実施することが必要です。

(1)制度整備助成

a.人事評価制度等整備計画を作成し、管轄の労働局の認定を受けること。
b. a.の人事評価制度等整備計画に基づき、制度を整備し、実際に実施すること。

 この助成金は新しく人事評価制度を構築する場合だけでなく、すでにある制度を改定する場合も対象となります。なお、この助成金を活用するためには、人事評価制度等を整備する月の初日からさかのぼって、6ヶ月前から1ヶ月前の日の前日までにこの人事評価制度等整備計画を提出する必要があります。

(2)目標達成助成

a.人事評価制度等の実施日の翌日から起算して1年を経過する日において、別途定める生産性要件を満たしていること。
b. a.の人事評価制度等の実施日の属する月の前月に支払われた賃金の額と比較して、その1年後に支払う賃金の額が、2%以上増加していること。
c.人事評価制度等の実施日の翌日から1年を経過するまでの期間の離職率を、人事評価制度等整備計画を提出する前1年間の離職率よりも、下表に掲げる目標値以上に低下させること。


 a.の生産性要件とは、助成金の支給申請等を行う直近の会計年度における生産性が、その3年前に比べて6%以上伸びていることを指しています。この生産性要件の具体的な計算方法については、以下の参考リンクの先に「生産性要件算定シート」が掲載されており、これをダウンロードし、該当する勘定科目の額を損益計算書や総勘定元帳の各項目から転記することで計算することができます。
 なお、近年の助成金制度においては、この生産性要件が設けられていたり、生産性要件を満たすことで助成額が増えるものもあります。

3.助成額と申請期限
 助成額は以下の金額になっており、2段階に分けて支給されることになっています。

 ・制度整備助成 50万円
 ・目標達成助成 80万円

 制度整備助成については、人事評価制度等の実施日の翌日から起算して2ヶ月以内、目標達成助成については、評価時離職率算定期間の末日の翌日から起算して2ヶ月以内に申請を行うことになっています。

 助成金の活用にあたっては、事前に計画の認定を受けておくなど、スケジューリングが重要になってきます。上記の他、様々な要件が設けられていますので、管轄の都道府県労働局へ確認しておきましょう。

■参考リンク
厚生労働省「人事評価改善等助成金」
厚生労働省「生産性を向上させた企業は労働関係助成金が割増されます」


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。




6月上旬より始まる協会けんぽによる被扶養者資格の再確認2017/05/16
2017年10月より最長2歳まで育児休業が取得可能になります2017/05/09
今年も4月より始まった「アルバイトの労働条件を確かめよう!」キャンペーン2017/05/02
2017年5月30日より中小企業にも適用となる個人情報保護法2017/04/25
企業の年間休日数の平均は108.0日2017/04/18
2017年6月より産業医の作業場巡視回数の削減が認められます2017/04/11
平成29年度の雇用保険料率は引下げに2017/04/04
過重労働解消キャンペーンによる労基署調査対象事業場の67.2%で法令違反2017/03/28
協会けんぽの健康保険料率・介護保険料率の見直し2017/03/21
注目の勤務間インターバル制度を支援する助成金2017/03/14
2017年4月より企業単位で任意加入が可能となるパートタイマーへの社会保険の適用2017/03/07
時間外労働の前提となる36協定の締結と届出2017/02/28
平成29年1月から通勤災害の範囲が見直されました2017/02/21
4月より引き下げられる在職老齢年金の支給停止基準額2017/02/14
労働時間の把握において重要となる新ガイドライン2017/02/07
お問合せ
あいぼーでんワークスタイルイノベーション
〒101-0021
東京都千代田区外神田2-18-21 楽器会館6階 

TEL:03-5207-2628
FAX:03-5207-2629


メールでのお問合せ

blog

Mykomon

Mycomon2

【執筆書籍】

図解・社会保険2

 
 
営業エリア
当事務所は全国のお客さまに対応します。(コンサルティング業務のみ)
<関東地方>
東京都 : 多摩地区:八王子市 日野市 立川市 町田市 多摩市 稲城市 国分寺市 国立市 府中市 昭島市 調布市 青梅市 小金井市 小平市 東村山市 福生市 狛江市 東大和市 清瀬市 東久留米市 武蔵村山市 武蔵野市 三鷹市 羽村市 あきる野市 西東京市 西多摩郡(瑞穂町 日の出町 檜原村 奥多摩町)
千代田区 中央区 港区 新宿区 文京区 台東区 墨田区 江東区 品川区 目黒区 大田区 世田谷区 渋谷区 中野区 杉並区 豊島区 北区 荒川区 板橋区 練馬区 足立区 葛飾区 江戸川区
埼玉県 : 川口市 草加市 狭山市 川越市 越谷市 蕨市 戸田市 入間市 鳩ケ谷市 朝霞市 志木市 和光市 新座市 八潮市 吉川市 さいたま市 ほか
神奈川県 : 相模原市 川崎市 横浜市 小田原市 秦野市 厚木市 大和市 伊勢原市 海老名市 座間市 綾瀬市ほか 
茨城県 水戸市 栃木県 宇都宮市 群馬県 前橋市 千葉県 千葉市 
<北海道・東北地方> 北海道 札幌市 青森県 青森市 岩手県 盛岡市 宮城県 仙台市 秋田県 秋田市 山形県 山形市 福島県 福島市 
<中部地方> 新潟県 新潟市 富山県 富山市 石川県 金沢市 福井県 福井市 山梨県 甲府市 長野県 長野市 岐阜県 岐阜市 静岡県 静岡市 愛知県 名古屋市 
<近畿地方> 三重県 津市 滋賀県 大津市 京都府 京都市 大阪府 大阪市 兵庫県 神戸市 奈良県 奈良市 和歌山県 和歌山市 
<中国地方> 鳥取県 鳥取市 島根県 松江市 岡山県 岡山市 広島県 広島市 山口県 山口市 
<四国地方> 徳島県 徳島市 香川県 高松市 愛媛県 松山市 高知県 高知市 
<九州・沖縄地方> 福岡県 福岡市 佐賀県 佐賀市 長崎県 長崎市 熊本県 熊本市 大分県 大分市 宮崎県 宮崎市 鹿児島県 鹿児島市 沖縄県 那覇市 

北海道 東北 首都圏 関東 中部 北陸 関西 中国 四国 九州 沖縄 東海 近畿
日本全国どこでも伺います!